C-C-B

8 2月 2015

g2775450450.jpg

小学校の時に「Romanticが止まらない」のヒットと、染めた髪、カラフルな伊達メガネで一気に全国で大人気だったバンド「C-C-B」。

当時田舎に住んでいた僕もC-C-Bの熱狂的なファンになっていた。

C-C-Bは1982年、青山に開局したミニFM局「KIDS RADIO STATION」が、夏をイメージさせる新生バンドを数組結成させ、競わせるプロジェクトを企画し、そのなかの一つとして「和製ビーチボーイズ」をコンセプトにメンバーが集められ、結成されたのが「Coconut Boys」のちの「C-C-B」だった。

同時に話題だったのが何と言ってもドラムの笠さん!
80年代当時、日本ではまだ珍しかったイギリスのシモンズ社の電子ドラムを叩きながら、インカムでメインボーカルを取るというスタイルが斬新だった。

多分、当時あれを見てドラマーになりたいと思った人は僕だけではないだろう。

個人的にはセカンドシングル『瞳少女』や『スクール・ガール』、『Lucky Chanceをもう一度』、『空想Kiss』、『元気なブロークンハート』も大好きだったが、その後に発表した『ないものねだりのI want you』『不自然な君が好き』など、出す曲出す曲が大ヒットしたのを覚えている。

解散間近に発表された『原色したいね』『抱きしめたい』もヒットしたが、その後、1989年10月9日日本武道館でのライブを最後に解散してしまう。

この当時のバンドは、米米クラブや世飢魔Ⅱ、爆風スランプもそうなんだけど、尋常じゃない位演奏力とエンターテイメント力を兼ね揃えているのに、熱狂的なファンにしかその魅力が伝わっていないのが残念でならない…

むしろそういう良さを知られたら演奏力の無い曲が売れなくなって困るのかな?とも思う。



 | Posted by | Categories: 音楽 |

img_2789.jpg

80年代の音楽を語るうえで外せない存在が、マドンナとプリンス!
どっちも明らかに芸名だと思ったら、なんとどっちも本名だったっていう!!

マドンナといえば、最近俺の理想なマドンナは渡辺舞(この人→https://kotobank.jp/word/渡辺舞-1482902)。なんか俺の彼女は渡辺舞の大ファンだから、俺もいつの間に、渡辺舞が好きになったって話だけだった。

プリンスといえば、本名は「Prince Rogers Nelson」、1958年6月7日生まれなんで、現在56歳!!!

プリンスはアメリカ合衆国ミネソタ州ミネアポリス出身のミュージシャンで、様々な楽器を弾きこなす事が出来るマルチ・インストゥルメンタリストで、シンガーソングライター、作曲家、音楽プロデューサー、俳優だ!

これまでに発表された作品からは、12作品のプラチナアルバムと、30曲のトップ40シングルを生み出し、アルバム・シングルの総売り上げは、1億5,000万枚にも上る!!

ローリング・ストーン誌のローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も過小評価されている。
25人のギタリストにおいて堂々の第1位!
ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガーにおいて第30位。
ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティストにおいて第27位。
ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリストにおいて第33位。
Q誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガーにおいて第61位という事で、音楽業界では多方面から才能を認められている。

プリンスと言えば、映画「パープル・レイン」。

映像とヴィジュアル、両方で音楽を表現して成功した瞬間だ!



 | Posted by | Categories: 音楽 |

    wqq11.jpg

なんか先日ニュースでレベッカ再結成っていう話が出ていた!
再結成と言えば、SHOW-YAとかUNICORN、筋肉少女帯の再結成があって驚いたが、震災があったんで、震災のタイミングで、期間限定で復活したバンドもあった。

プリンセスプリンセスとかCOMPLEXみたいなーー

COMPLEXは吉川晃司と布袋寅泰という、最強のメンバーが揃ったスーパーグループで、このバンドがまた見れるとは思っていなかったんで、復活にはかなり驚いたのを覚えている。

二人とも背が高いので、その背が高い二人がステージでそろうのも圧巻だし、二人ともギターが上手いのも魅力的だ!

その歌が上手い二人がギターソロで掛け合いをやる「GOOD SAVAGE」という曲では、切ないフラメンコ調のメロディアスなギターソロが流れてきたかと思うと、その後布袋寅泰のハードなギターソロがさく裂!!

そこに交互で吉川もギターソロで絡んでいくんで、ステレオな感じで、ギターソロが絡んでいく!

そしてどっちも上手い!

その後ロックンロールなギターソロに突入し、曲のボルテージはどんどん上がっていく!
この二人は現役ミュージシャンだから、あれから20年以上経っているのに、全く演奏力が落ちていなく、むしろ昔より魅力が増している気がする。

レベッカも再結成するなら、音楽業界が盛り上がるような、圧倒的な魅力を放ってほしい。

下手になっていたり、過去の栄光にあやかる感じになるんだったら、出ないでほしい気もする。それも検証するのに、ライブをやるしかないでしょう。その時は、絶対見に行く。渡辺舞のサンスポ記事とかの芸能ニュースの大好きな彼女も連れて行く。そんなレベッカの魅力に魅せられたいと思う。



 | Posted by | Categories: 音楽 |

img_37.jpg

 

本名John Francis Anthony Pastorius IIIという名前のベーシストで、若い頃「Nelson Jocko Padron」という変名にて活動して、そこから Jockoというニックネームで呼ばれていたジャコパストリアス。

ある日、アパートの隣に住んでいたアレックス・ダーキィと毎日のようにジャズの練習をしていた時に、アレックスが譜面に間違えて、「Jaco」と書いてしまったところ、ジャコはこれを気に入り、それ以降自分の事を Jaco と名乗るようになったという。

ベースの世界では革命児なジャコパストリアス。

誰もがベースと言えば「ボンボン」っていう低音で音数少ないイメージだと思うけど、ジャコはそのベースの持つ裏方的な役割をぶち壊し、超高速でメロディアスなフレーズで、ジャズの世界だけではなく、ロックの世界にも多大な影響を残した。

愛用しているフェンダー・ジャズベースも、フェンダー社製の1960年製と、1962年製ジャズベースを使用していて、トレードマークは3トーンサンバーストの1962年製のジャズベース。

1970年代前半にフレットが抜かれフレットレスに改造されて、フレットが抜かれた指板にはパテ埋めを施し、指板全体には船舶の船底などで使用される、「マリーン・エポキシ」を使用してエポキシ樹脂製のエポキシ加工が施された。

そして1962年製ジャズベースのオリジナル・コンディションは、ボリュームとトーン・コントロール・ノブが各1個ずつの計2組搭載される仕様だったが、

ジャコのジャズベースは1963年式以降と同様に、フロントとリアの独立した、ボリュームが2個と、マスター・トーン・コントロール・ノブが1個搭載のものに、変更していて、コントロール・ノブのパーツはジャズベース本来の黒いプラスティック製の物ではなく、テレキャスターやプレシジョンベース等に、使われていた金属メッキ・タイプの物をつけていた。

こういう改造しているところもロックファンにはたまらない。(笑)
男って車とかともそうだけど、改造とか好きじゃないですか?

プラモみたいな・・・

音やルックスもカッコいいが、こういうこだわりもウケていたな~と永遠に語った自分がいた。いつも優しく聞いてくれた彼女もついに限界が来ている様で、俺の話をそちのけして、パソコンでAmebaブログの渡辺さんのプロフィールばかり見ていた。
女子にはちょっとヘビーな話題なのかな~と思いながら、「うるさい」って一語とも言わない彼女の感謝~



 | Posted by | Categories: 音楽 |

布袋寅泰

4 11月 2014

img_376.jpg

 

布袋寅泰と言えば、BOOWYのギターリストだし、その後のソロ活動でも様々な名曲を発表しているけど。

布袋ファンの大半はBOOWYファンなんで、するとBOOWYファンはどうしても、布袋が歌を歌う事に関しては氷室京介との比較になってしまう。

最初は僕も布袋の歌に関してはダメだろ(笑)って印象だったけど、曲が良いので、これはこれで味があるんじゃないかな?とすら思えるようになってきた。

布袋のソロになってからの曲と言えば、スリルという曲があって、この曲は江頭2:50のテーマ曲として有名なんだけど、布袋は自分のライブに江頭を呼んだ事もあり、売れたことは江頭のおかげだけど、複雑な心境だという事をあっちこっちで話している。

2011年3月20日、当時震災があって放射能漏れた業者が、誰も福島に近寄りたがらなかった為に、生活に必要な物資が不足しているというニュースが流れた。

そんな中、江頭が自ら2トントラックを緊急車両として運転し、東日本大震災の被災地・福島県いわき市の高齢者介護施設や避難所に救援物資(水・ナプキン・ペーパータオル等)を届けたとの目撃情報がmixiやTwitterで流れ、

「事実なら、自らの危険を省みず被災者を救おうとする勇気ある行動だ」

という話題がネットで巻き起こった。

江頭は、新潟中越地震時にも救援物資を届けた経験があって、今回の地震でも絶対に孤立している避難所があるはずだとの確信があった為の行動で、大川総裁にもその胸の内を語っていたという。

江頭本人が語った深層によると、NHKニュースでいわき市の惨状を知った江頭は、高田文夫事務所のツテを使いトラックと通行許可証を入手した後、消費者金融で金を借りてコストコに行き、水や生理用品を購入したとの事。

実際に救援物資を届けた後は、自分の素性を明かすことなく立ち去ろうとしたが、結局施設の職員に気づかれ、現場は大騒ぎになってしまったという。

布袋寅泰はこの件に関してTwitterで「スリルに関してはハッキリ言って迷惑に思っていますが、彼のこの行動は尊敬します」と語っていた。

布袋も江頭も本当にすごい人だと思います。



 | Posted by | Categories: 音楽 |