img_353.jpg

 

先日ミュージシャンが自殺してニュースになっていた。

昔からミュージシャンで自殺する人がいるが、理由としてはいくつかある。

一つはミュージシャンを目指す人というのは、繊細で夢を見ている人が多い、しかし現実は金や権力等、夢とは程遠い世知辛い世の中だったりする。

そういう現実に絶望しても、普通の人は死なないけど、繊細であるがゆえに、自殺という道を選んじゃう人も多いんじゃないかなーって思う。

もう一つは実際に稼げないという事、
稼げない事を諦めて、ミュージシャン以外の仕事に行ける器用さがあれば、当然自殺なんかはしないんだろうけど、その器用さが無かったり、ミュージシャン時代のプライドが、普通の仕事をしたときに。

しょーもない普通の人からも「無能扱いされ」自分の能力に絶望した時に、自殺しちゃうんじゃないかなーって思う。

そもそも、音楽で成功しようがしまいが、それがいつまで続くかわからない世の中なんで、音楽以外でも食っていけるように、なんか頑張るしかないと思う。

最近では、そもそもミュージシャンを目指そうなんていう人も少ないから、そこで路頭に迷う人も少ないとは思うけど、中途半端に売れて放り出された場合、その幻想とギャップに苦しむんじゃないかなーって思う。

僕も昔はミュージシャン目指していたけど、早々に諦めて違う仕事をしているけど、音楽で食えたら楽しいなーと思う反面、そこで放り出されたら、もう元には戻れなくなるんで、地道に普通の仕事で頑張りたいと思う!



 | Posted by | Categories: 音楽 |

今井寿

9 10月 2014

img_377.jpg

 

今井寿って言っても誰の事かさっぱりわからないと思うけど、1975年前後に生まれた人にはBUCK-TICKのギタリストとして有名な人物だ。

当時はバンドと言えば、BOOWYも群馬県高崎市出身だったので、同じ群馬県高崎市出身のBUCK-TICKも売れに売れて、群馬県高崎市は、凄いバンドが出てくるエリアとして恐れられたが、その後このエリアから、凄いバンドは出てこなかった!(笑)

ちなみに今井寿や櫻井敦司、星野英彦は群馬県藤岡市出身である。

今井寿は、16歳の時にRCサクセションを聴いて、バンドマンを職業にする事を決意し、ギターを弾こうと弾いた事も無いのに決意するわけだけど、その時に、右利きなのに、左で持った方がカッコいいとかしっくりくるっていう理由で、左利きでギターを始める!!

ちなみに左利きのミュージシャンとしてはポールマッカートニーが有名で、楽器のネックの向きは普通みんな左向きになるんだけど、レフティー(左利き楽器)は右向きになるんで、ステージ映え的には、レフティーがいた方が面白い。(笑)

ちなみに今井寿さんはGO-BANG'Sのヴォーカルの森若香織と結婚したらしく、今井寿さんのWikipediaでは2013年8月、第一子が誕生と書いているので、もし奥さんがGO-BANG'Sのヴォーカルの森若香織さんなら、森若香織さんが出産したって事になる。

僕は今井さんも森若さんも大ファンだったんで、この才能ある二人が結婚したという事を後から知ってびっくりした!



 | Posted by | Categories: 音楽 |