C-C-B

8 2月 2015

g2775450450.jpg

小学校の時に「Romanticが止まらない」のヒットと、染めた髪、カラフルな伊達メガネで一気に全国で大人気だったバンド「C-C-B」。

当時田舎に住んでいた僕もC-C-Bの熱狂的なファンになっていた。

C-C-Bは1982年、青山に開局したミニFM局「KIDS RADIO STATION」が、夏をイメージさせる新生バンドを数組結成させ、競わせるプロジェクトを企画し、そのなかの一つとして「和製ビーチボーイズ」をコンセプトにメンバーが集められ、結成されたのが「Coconut Boys」のちの「C-C-B」だった。

同時に話題だったのが何と言ってもドラムの笠さん!
80年代当時、日本ではまだ珍しかったイギリスのシモンズ社の電子ドラムを叩きながら、インカムでメインボーカルを取るというスタイルが斬新だった。

多分、当時あれを見てドラマーになりたいと思った人は僕だけではないだろう。

個人的にはセカンドシングル『瞳少女』や『スクール・ガール』、『Lucky Chanceをもう一度』、『空想Kiss』、『元気なブロークンハート』も大好きだったが、その後に発表した『ないものねだりのI want you』『不自然な君が好き』など、出す曲出す曲が大ヒットしたのを覚えている。

解散間近に発表された『原色したいね』『抱きしめたい』もヒットしたが、その後、1989年10月9日日本武道館でのライブを最後に解散してしまう。

この当時のバンドは、米米クラブや世飢魔Ⅱ、爆風スランプもそうなんだけど、尋常じゃない位演奏力とエンターテイメント力を兼ね揃えているのに、熱狂的なファンにしかその魅力が伝わっていないのが残念でならない…

むしろそういう良さを知られたら演奏力の無い曲が売れなくなって困るのかな?とも思う。



 | Posted by | Categories: 音楽 |